高知の幸を活かす委員会

高知の幸を活かす委員会

委員長  池澤 秀郎

副委員長 小野 政明

副委員長 森本 麻紀

副委員長 中村久美代

副委員長 森下 由朗

副委員長 横山 公大

 

(1)事業方針および主要な事業計画

■事業方針

「かつお」について高知県民自身がうんちくを話せるようにし、高知のかつお文化の発展に寄与する

■事業計画

①かつおうんちくたれプロジェクト

土佐かつおうんちく辞典のコンテンツ拡充および広報(随時)

②かつおマイスタープロジェクト

県外から来たお客さんに間違いないかつおを食べて頂き、高知=かつおNo.1という地位を保つ。

 

(2)主要な事業内容

かつおマイスター免許をプロの料理人に対して認定する制度を作り、免許ホルダーが所属する店には「かつおマイスターのいるお店」という看板を掲げることができるようにする(店に対して付与はしない)。

今年度は体制作りとロードマップ作りを想定している。制度の継続性を考えると高知県の後押しや協力が必須であり、まずは県知事や県職員の方との連携を図って体制づくりをすすめる。

 

(3)想定される事業成果

高知の重要な観光資源でもあるかつおを、高知県民自身がウンチクを語れることにより、県外から来た観光客の満足度をさらにアップさせる。また、かつおソムリエ免許により調理人に箔がつき、その地位が向上する。また、あわせて飲食業界の人手不足の解消をねらう。

電話をかける